Archive for 1月, 2012


全国学校給食週間に合わせ、1月25日町内小中学校・保育所では、ご当地グルメ「十勝清水牛玉ステーキ丼」が登場します。この日は学校給食関係者を交えた試食会が開催されました。牛玉丼の特徴であるレアな牛肉、スクランブルエッグは衛生基準により給食には出せないのです。しっかり火を通す工夫に、調理員のみなさんには苦労をおかけしてしまいました。さて、この試食会と給食当日の模様が1月27日(金)放送のSTV「どさんこワイド179」特集で紹介されます!!ぜひご覧ください。

<写真:朝日新聞>

<写真:日本農業新聞>

<写真:朝日新聞>

<写真:十勝毎日新聞>

清水町の御影中学校PTA研修部主催による、「牛玉丼」料理講習会が開催されました。
牛玉丼の料理講習会が開催されるのは今回が初めてで、PTA・生徒約30人が参加し提供店顔負け?の牛玉丼が出来上がりました。

<写真:十勝毎日新聞>


2011年の清水町の出来事を振り返ると、9月の大雨などの天候不順により農作物に悪影響があったものの、生乳生産量は2年連続で10万トンを突破し、十勝管内1位となりました。観光面ではやはり道東自動車道の全線開通により清水、札幌間が2時間半で結ばれたことではないでしょうか。今年、十勝千年の森で開催される「北海道ガーデンショー」は、20万人の来場者を見込んでいます。多くのお客様を迎えるに当たり、町一丸となったおもてなしの取り組みは急務です。<写真:十勝毎日新聞>

牛玉丼に使われる「十勝若牛」も注目を浴びました。牛玉丼が出来るまでは、年3,000頭の出荷数に留まっていましたが、昨年は4,200頭にまで伸びました。さらに今年は4,800頭の出荷を見込んでいます。十勝若牛が地元で消費されるようになったことは、大変喜ばしい限りです。<写真:北海道新聞>

2012年は、農業と商工観光を一体化させ、観光客誘致と町全体の活性化に結び付けていく取り組みを実現して行きます。<写真:日経MJ>

新年明けましておめでとうございます。昨年10月道東自動車道全線開通により、十勝清水と札幌間は約2時間で結ばれました。十勝千年の森では今年、来場者数20万人を見込む「北海道ガーデンショー」の開催が予定され、清水町は癒しを求める人たちで溢れます。「牛玉丼」の開発においても、道東道全通による通過される町からの脱却を目標に掲げ、町民有志により作られたものです。本年は、「十勝清水」が持つそれぞれの強みを生かし、訪れる皆様の思い出作りのサポートに関係者一同力を入れて行きたいと思います。本年も皆様の応援よろしくお願いいたします。
(写真:十勝若牛君)

牛玉丼はここで食べられる
牛玉丼って?
牛玉丼ストーリー
十勝若牛
清水観光協会
2012年1月
« 12月   2月 »
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031