2011年の清水町の出来事を振り返ると、9月の大雨などの天候不順により農作物に悪影響があったものの、生乳生産量は2年連続で10万トンを突破し、十勝管内1位となりました。観光面ではやはり道東自動車道の全線開通により清水、札幌間が2時間半で結ばれたことではないでしょうか。今年、十勝千年の森で開催される「北海道ガーデンショー」は、20万人の来場者を見込んでいます。多くのお客様を迎えるに当たり、町一丸となったおもてなしの取り組みは急務です。<写真:十勝毎日新聞>

牛玉丼に使われる「十勝若牛」も注目を浴びました。牛玉丼が出来るまでは、年3,000頭の出荷数に留まっていましたが、昨年は4,200頭にまで伸びました。さらに今年は4,800頭の出荷を見込んでいます。十勝若牛が地元で消費されるようになったことは、大変喜ばしい限りです。<写真:北海道新聞>

2012年は、農業と商工観光を一体化させ、観光客誘致と町全体の活性化に結び付けていく取り組みを実現して行きます。<写真:日経MJ>

Comments are closed.

牛

玉丼はここで食べられる
牛

玉丼って?


牛玉丼ストーリー
十勝若牛
清水観光協会
2018年1月
« 11月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031