「十勝若牛」は通常より6ヶ月ほど早い月齢14ヶ月で出荷するため、脂肪が少なく歩留まりが高いのが特徴です。更に一般的な牛肉よりやわらかく臭みがないと大好評。牛玉丼は部位をロース使用とルール化しており、牛玉丼がヒットし喜ばしい反面、肉が不足がちになるという事態が起きています。(笑 2010年には3,700頭を出荷し、2011年4,000頭、そして2012年には4,600頭を計画しています。<写真:日本農業新聞>


牛玉丼はB級グルメではありません。徹底した地場の食材を使用した企画開発型のご当地グルメです。同様のご当地グルメが道内でも続々誕生していますが、地元に定着した料理にするためには地域一丸となった取り組みが必要です。「牛玉丼」は地域活性化の一つの手段として開発されました。人口減少問題、道東道全通へ向けての課題解決に力になれればと思います。<写真:毎日新聞>

Comments are closed.

牛

玉丼はここで食べられる
牛

玉丼って?


牛玉丼ストーリー
十勝若牛
清水観光協会
2018年8月
« 7月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031