炊き出し支援隊の活動も今日が最終日。時間に少し余裕があったので、本日の炊き出し場所となる仙台市六郷中学校の避難所近くを視察することにしました。写真の学校は地震発生直後、避難場所として多くの市民が集まりました。しかし、安全だと思われたこの場所にも津波は押し寄せました。奇跡的にも一人も犠牲者を出すことはなかったそうです。

仮設住宅の建設も被害のあった場所に建てることなど出来る訳もないため、土地不足でなかなか進まないそうです。仮に入居することが出来ても、光熱費等自己負担が発生するため、震災で職と財産を失った被災者の方は避難所に残る選択をするそうです。

本日も牛玉丼、豚汁各300食、あすなろ牛乳を提供させていただきました。また、この日は森進一さんが訪問するとのことで、避難所のみなさん朝から笑顔で一杯でした。

当初10人の支援隊でしたが、最終日には地元の方の協力もあり、こんなに支援の輪が広がっていました。微力ながらも少しでも被災者のみなさんを元気づけることができて良かったと一同共感。

炊き出し支援隊の活動費にと、十勝清水の町民の皆様から寄せられた募金は536,000円。その他牛肉、卵の食材提供など多くの皆様のご協力をいただきました。本当にありがとうございました。
更なる支援の輪を広げられるよう活動を続けて行きます!!

Comments are closed.

牛

玉丼はここで食べられる
牛

玉丼って?


牛玉丼ストーリー
十勝若牛
清水観光協会
2021年4月
« 7月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930